So-net無料ブログ作成
検索選択
興味津々 ブログトップ
前の10件 | -

悲運の聖徳太子像 [興味津々]

ktaishi.JPG

ここしばらく、
知り合いに付き添って探訪した聖徳太子像のことを
ちょっとした文章に書き綴っていました。
膨大に所蔵しているアルバムの中から一枚の写真を捜す、
気の遠くなるような作業もしていました。

そんな時、
小さな小さな箱を思い出しました。
中にはこんな聖徳太子二歳像が入っていました。
この聖徳太子像には、
悲しい過去があるのです。

私は旅行が好きで、
しかも同じ場所を四季折々に訪ねることを楽しみにしていました。
そのたびお昼ご飯を楽しみにしていた、
古いお店がありました。
お寺の門前にあったそのお店は、
ずっと立ち退きを要請されていたようです。
かつては宿屋も営んでいたと聞く店内には、
ノスタルジックな調度も多数設えていました。

あるお正月
いつものようにここで昼食を摂っていた私は、
会計をしながらそこに小さな像を発見しました。
南無仏太子像です。
「これは売っていただけるのですか?」
尋ねた私にお店の主人は快く応じて下さり、
太子像の版型は、
この店が所有していることを教えて下さいました。
私は・・・確か2つ置いてあったと記憶しているのですが、
一つを購入して持ち帰りました。

その年の立春の日であったと記憶しております。
東京で仕事をしながらお昼休みのニュースを見ていた私に、
信じられない映像が飛び込んできました。
この店が、行政代執行を受けているのです。
店はみるみるうちに取り壊されていきました。
泣き叫ぶ店主夫妻の姿も映し出されています。
私は遠く東京で、為す術もなく途方に暮れました。

今、店があったことを知る人も
殆どいなくなってしまったのではないでしょうか。
このブログをご覧になった方のなかには、
「あ・・・」とお気づきになる方もいらっしゃることでしょう。
店主ご夫妻と代執行との諍いについては、
誰が悪かったのかを語る気力もありません。
残念な結果になってしまったことを、
嘆くばかりです。

聖徳太子像の版型は、
この時に失われてしまったのだろうと思っております。
代執行の僅か一月前に我が家にやってきたこの像を、
心の痛む記憶として生涯大切にしたいです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寺社でのマナーって・・・・ [興味津々]

160726poke-1.JPG
旅先のお宿で、たまたまこんなニュースを目にしました


私は、
今流行のポ○モンG○(ネット検索に掛かりたくないので伏せます)にハマッています。
元々私は、ゲームなどに手を付けないようにしています。
凝り性なのです。
しかし、リリース当日に興味本位でダウンロードしてしまい、今に至っています。
何とか早く飽きてしまいたいと思うのですが。(^_^;)

さて、話題になると共に境内でのゲーム行為を禁止する寺社が次々と現れ、
こちらも話題になりました。
寺社は「祈りの場」であるから・・・、
というのが理由らしいと聞きました。
しかし、ゲームにハマっているからというわけでもなく、
この現象には疑問が生じました。
え?LINEならいいの?ツイッターならいいの?
他のゲームならいいの?違いますよね。

また近年寺社では、御朱印ブームで賑わっています。
お参りをしないで御朱印をいただくとか、
寺社ではない場所で御朱印を作成するとか、
こちらも問題が発生していると聞きます。

160726poke-2.JPG
ニュースの映像は、こんな感じで収録されてたんです(-_-)


要は、「不適切な行為を慎んで下さい」ということですよね?
その中にはただただスマホを片手にウロウロすることとか、
スケッチブックに御朱印を申し出るとか、
境内で大声を上げて騒ぐとか、
ゴミを至るところに捨てるとか・・・・。
寺社側も大変苦慮されているとは思いますが、
参拝者はどのようなマナーで趣くべきか、
もうその知識を持ち合わせた人がやってくる時代ではなくなったと
認識すべきではないでしょうか。
不適切な行為は、
慎むように教えてあげる必要があるのではないでしょうか。
日本らしい清楚な立ち振る舞いを身につける場として、
寺社は貴重な空間であると思うのです。

私の職場では先日、
「廊下で、スマホを持ち歩く職員を見かけた」と
クレームの投書がありました。
スマホの持ち歩きに、注意喚起が通達されました。
仕事の場面で急に写真動画撮影が必要になったり、
スマホに情報を入れて持ち歩いたりすることがあります。
しかし、部外者の目にはそれが「不適切」と判断されたようです。
不本意ながら、自粛せねばなりません。

先日地方の由緒ある神社で御朱印を頂戴する旨申し入れたところ、
「お参りはお済みですか?」と尋ねられました。
そのように尋ねられて「お参りしません」と言える人は、
相当な強者だと思います。
一言添えられることによって、
神社が求めているマナーが参拝者に伝わります。
お互いに拒否し合っていては、
良い関係が生まれないのですよね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ストレスチェックにもの申す [興味津々]

160727kasagi-8.JPG
2016.07.27 笠置山中にひっそりと鎮座される虚空蔵菩薩


先日私の職場で、
ストレスチェックの結果報告書が各自に配布されました。
その内容に納得した人は、ほとんどおらず。
皆が自分の結果を読んで、
「はぁ~~~?」と驚いているばかりです。

ストレスチェックとは・・・
  定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、
  本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、
  個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させるとともに、
  検査結果を集団的に分析し、、
  職場環境の改善につなげる取組です

厚生労働省が事業者に義務づけた制度です。

私と性格の全く異なる女性職員とで結果を照らし合わせると、
書いてある文面は全く同じ。
「お互い獅子座の女だから?」と呆れて笑えるほどです。
またある女性職員は、
本人を含め誰が見ても・・・ストレス溜まっているの?・・・・という人格ですが、
『要面談』の判定が下されてしまいました。
最も驚いていたのが本人です。
一体どうしてこんな判定になってしまったのでしょうか。

私の職場で実施されたストレスチェックの設問がどんなものであったか、
まったく記憶はありません。
ただ、回答するにしても、
具体的なストレスに繋がる内容ではなかったように思います。
またそのストレスを解消するにしても、
決して良い方法が選択されるとは期待できなかったと思います。
診断を行うことによってストレスが解消されるという期待が持てなかったため、
まともな回答にならなかったように記憶しています。

実際にストレスで耳が聞こえなくなり、
一年半苦しい経験をした私です。
最近でも、
ストレスで体調を壊しそうな危険を感じたことがあります。
一人ひとりが遭遇するストレスの度合いをパターン化しても、
さらにその奥に闇が潜んでいると感じます。
果たしてこれが効果ある政策であるかというと、
マイナス効果しか得られないように感じます。

ストレス完全解消とはいかないまでも、
休日に魑魅魍魎で溢れる空間を抜け出して
風の抜ける静かなひとときを過すことが私の楽しみです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016.05.05~6 大國魂神社・くらやみ祭 [興味津々]

160505kurayami-1.JPG
2016.05.05 大國魂神社 御本殿前で夕刻からの渡御を待つ神輿


一日が24時間では足りないと感じる今日このごろ、
夜勤や休日出勤で今日が何曜日なのかも
よくわからなくなってしまいました。
忙し過ぎる・・・という訳ではないのですが、
時間の感覚が狂い気味なのと、
疲れを上手に取ることができにくくなりました。

今年の大型連休、
休日出勤があったり夜勤があったりで
その恩恵も良くわかりません。
地元・府中大國魂神社の例大祭・くらやみ祭、
神輿渡御当日も休日出勤でした。
沿道に人出も最高潮となった頃、
ようやく御旅所近くまで出向きました。

160505kurayami-2.JPG

160505kurayami-3.JPG

今年こそ地元で祭の輪の中に入りたい・・・・
そう思いながらも沿道からの人垣の中。
これだけの祭が地元で行われていながらも、
誇りを感じられない自分がもどかしく感じました。
これが都会のよそよそしさなのかな・・・・

160506kurayami-3.JPG
2016.05.06 武藏府中の民が、神を讃える音です


例年翌日は朝4時に、
号砲と太鼓の轟きで眠りを妨げられます。
今年も出勤の朝でしたが、
おや?・・・・・
たたき起こされるような音を聞きませんでした。
号砲と太鼓はあったのだろうか?

160506kurayami-1.JPG

神社には、
騒音による苦情が少なからず入っていると聞いています。
まさか・・・・
音は出なかったのだろうか。
だとしたら、
1900年の古きに渡りこの土地を見守っておいでの神様が、
ここ数年にやってきた人たちに遠慮されてしまったのでしょうか。
全国各地で保育園の建設問題など、
隣り合う人のいがみ合いが見受けられます。
しかし、
日頃は静かに私たちの生活を見守っておいでの神様なのだから、
祭の朝くらいは私たちがお迎えしても良いのではないかと思うのですが。

情けない世の中です。

160506kurayami-2.JPG

いつもより早く自宅を出て神社へと遠回りすると、
お帰りの神輿や太鼓が次々に戻ってきました。
祭を一緒に楽しめないもどかしさも感じます。

来年こそは、地元に溶け込みたいな・・・・
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2016.04.26 若冲展に行ってきました [興味津々]

160426jakuchu-2.JPG

この日は、土日勤務の代休。
夕方は上野に近いお稽古場で稽古があるので、
東京都美術館で開催されている
若冲展
に出掛けてきました。

先週金曜日は夜勤、
真夜中にテレビを付けている状態にしていると
NHKで伊藤若冲の作品を解説する番組が放映されていました。
絵画の繊維までもが見える超高解像度による技法の解説、
確かに驚くような技法が紹介されています。
これは・・・・「見に行かなくっちゃ」ということになりそうだわ・・・・(-_-)

私は、実は絵画にはほとんど興味が沸きません。
仏教美術でも、絵画に関しては好きな作品は僅かです。
高野山霊宝館所蔵の、阿弥陀聖衆来迎図が最も気に入りました。
実は絵画となると好んで鑑賞するのは江戸絵画、
若冲・応挙・仙厓です。
中学時代の美術の先生が横山大観ゆかりの方であったため、
横山大観は大好きです。
これまでの私の美的感覚も、
この先生から私の描いた丹頂鶴を褒めていただいたのが唯一の記憶です。

160426jakuchu-1.JPG
2016.04.26 閉館後の東京都美術館 
図録を買うにも行列に耐えなくてはいけません


若冲はこれまでも、
展示を求めて様々な場所へ出掛けていきました。
そして今回、
開催3日目にして大変混雑しているとの噂で、
平日の夕方を目指して美術館へ出掛けました。
しかし、
日曜日にテレビ番組で放映されたとのことで、
16時に入館しても展示の前には近づけません。
「テレビで見た!」という声が、あちらこちらで挙がります。
テレビの影響力とは凄いものです、
短時間でたくさんのにわか若冲専門家を作り上げました。
熊本の震災報道や様々な番組に於いて、
それを鵜呑みにする視聴者がいかに多いかを痛感します。
番組制作に携わる方々には、
その影響力の強さを肝に銘じていただきたいです。

「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が一堂に展示されているのは、
さすがに圧巻でした。
一つ一つの作品の前には幾重にも人垣ができているので、
ここではじっくりと時間を掛けて人垣の流れを掴みながら鑑賞。
それでも、
人の多さに吐き気を押さえての鑑賞は苦痛でした。
テレビ番組で紹介していた緻密な技法を確認するのは、
到底ムリか超人的に迷惑を気にしない度胸を供えている人くらいでしょう。

160426ueno.JPG
上野駅 こういう展覧会は地方で行って集客すればよいのに
やっぱり、東京の一人勝ちが嬉しいんだ・・・・


故宮博物院の白菜や鳥獣戯画など、
狂気ではないかと思うほどの長い待ち時間や行列ができる近年、
もし主催者がそれを喜んでいるとしたら勘弁してほしいものです。
ブームが去って気に入った若冲の作品がひっそりと展示されたら、
ゆっくり鑑賞に伺いたいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

過去の映像を整理しています [興味津々]

151129kasuga.JPG
2015.11.29 御造替中の春日大社 二の鳥居


昨年秋に背骨を骨折して、
自宅で3週間近くの療養を経験しました。
その間にできることと言ったら、
寝ることと食べることと考えることくらい。

そのうち私の考えは、
モノに占領された部屋から脱却しよう・・・という決心にまとまりました。
元々私の歪んだ心は、
現実から逃げることとモノに囲まれることでカモフラージュされていました。
もう自分に付属するものは消し去っていこう・・・・
その作業に今後を費やすことにします。

そんな中、
VHSビデオテープをなくすことにしました。
それでも今の時点で捨て去ることのできない番組が、
3つあります。
『真珠の小箱』・『極める』・『ふるさとの伝承』です。

『ふるさとの伝承』は、
その後撮影スタッフの撮影マナーの悪さが話題になりました。
人々が大切にしている行事や慣習を映像に納めるという口実で、
踏み荒らしたようです。
それでも今となっては、
映像に残されていることそものものが貴重な記録となってしまいました。

ブルーレイに編集しなおすつもりでビデオテープを再生していると、
20年前の春日大社式年造替を収録した
『真珠の小箱』が出てきました。
この頃の私はすでに奈良へ通っていましたが、
人でごった返す奈良公園界隈がニガテで
あえて避けていたことを思い出しました。
20年前と今は、
どのように違うのだろうか・・・・・
私の意識も環境も大きく変わりました。

部屋の中をサッパリさせる作業は、
まだまだこれからです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2016年 奈良一刀彫の雛人形 [興味津々]

160115hina-1.JPG

昨年も、
奈良一刀彫雛人形について記事を書きました。
先日ブログのアクセス数を覗いて、 (°0°) ・・・・・・
アクセス数が非常に多いのです。
なぜだろう・・・・・

今年も奈良一刀彫雛人形の展示が、
東京日本橋デパートで始まりました。
日本橋に出掛ける用事があったので、
デパートの展示を拝見することに。

なるほど・・・・・

160115hina-2.JPG

壇飾りの雛人形が、何点か展示されています。
一目見て、
あ・・・これ私も欲しい!
と思いました。

大きさは、1m四方も必要ありません。
マンション暮らしの家庭でも、
場所を取ることなく飾ることが出来ます。
木の柔らかな風合いは、
周囲に優しい雰囲気を与えます。
考え方によっては単純な造りなのですが、
飽きが来ることなく愛でることが出来ます。
時が経つにつれて木の色合いに変化が出ると思われますが、
それがまた良い味わいになりそうです。
お手入れも複雑ではなく、
痛みも恐れることはなさそうです。

160116hina-3.JPG

私も奈良に通い始めて長くなり工芸に出逢うことも多かったのですが、
奈良一刀彫雛人形の定番は女雛・男雛2体の
立雛であると思っていました。
今回は、壇飾りが作家さんの個性と共に華やかに展示されています。
私も子供に関わる仕事をしているのですが、
孫の初節句を祝いたいと願う祖父母を多く見かけます。
おばあちゃんがマンションで暮す孫に・・・・と、
この壇飾りを選ぶケースは多いのではないかと思いました。
実際私が出掛けた時も、
そんなご婦人を見かけました。
立雛のデザインも、
かつてのスタンダードな感じから多彩になったように感じます。
一刀彫作家さんの取り組みによっては、
買主の希望に叶った絵柄で
制作して差し上げることも可能なのかも知れませんね。

奈良一刀彫
時代の流れには今求められる雛・五月人形であるかもしれません。
私も欲しい・・・(o^^o)

2016年1月6日~26日    日本橋三越本店 本館6階工芸サロン
2016年1月27日~2月15日 日本橋三越本店 本館6階アートスクエア
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

2016.01.02 サントリー美術館 「水―神秘のかたち」 [興味津々]

160102suntry.JPG
2016.01.02 サントリー美術館


24時間勤務明けの朝、
獅子舞が見たくて都心へやってきました。
振る舞い酒を枡に一杯いただいてしまったので、
ほとんど寝ずに来た身体に効いてしまいました。
年末にちょっと気になった展覧会、
美術館はちょうど獅子舞を見たかったショッピングタウンに
位置していたのでした。

サントリー美術館 「水―神秘のかたち」
展示されている宇賀神や弁天像、
私が大のニガテの蛇身が描かれています。
ニガテながらも、
蛇や龍は水を司る神として強い力を感じるのです。

昨年、
待ちに待った舞楽法要が執り行われた丹生都比売神社。
昨年は高野山を二度参拝、
神社へも参拝、
そして町石道を歩くことも叶いました。
神社のご神宝である金胴琵琶
今回の展覧会で拝見することが出来ました。
銀色に鈍く輝く琵琶、
息を呑む美しい楽器の形です。

春日龍珠箱法隆寺・金剛峯寺の善女龍王像
気になる展示がいくつも。
知人と探訪している聖徳太子に関わる、
14世紀に制作されたという宝珠台も新たな発見です。
熱田神宮の陵王面の前では、
私の脳裏に舞人が面をつけて舞いました。

ま、ここまで来たから見ていこうかな・・・・
くらいに思って入館した展覧会でしたが、
内容には満足しました。

奈良を巡っていると、
私は風に守られてるのではないかと良く思います。
今回は水に関わる信仰の姿を拝見できましたが、
風をテーマにした展覧会が開催されたら
出掛けたいな・・・・と思いました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

2015年を振り返って [興味津々]

150904takahata-1.JPG
2015.09.05 骨折の前の週に参拝した高幡不動尊


私にとって今年最も大きな出来事は、
なんといっても9月にちょっとした転倒で骨折してしまったことでした。
骨折そのものは3週間にも満たない休養を経てフル復帰、
翌日は軽めの仕事ながらも
翌々日からは重いモノを背負う毎日が続きました。
背骨の圧迫骨折なんて、
この程度しか休めないんだな・・・・なんて思いながら。
鈍い痛みと腫れは、
この後もしばらく残りました。
それでも休めないというプレッシャーが、
キツキツで働く今の社会秩序から与えられてしまうものですね。

この事件には、様々な不思議がありました。
朝早く目が覚めたらウォーキングに出掛けようと考えていた私を、
早朝に隣の市で震度5弱を記録した地震が襲いました。
目が覚めてしまった私は高尾山に出掛けようとしたのですが、
地震の影響で電車が進まず目的地変更。
そこですれ違った大きな白い犬、
ちょっと背筋に寒気が走った「三笠大神・御嶽大神・八海大神」
と書かれた石碑。
その直後滑りそうな地面に細心の注意で出した一歩を、
まるで掬われたかのように私は転倒したのでした。
必死で帰宅した私を待ち受けていたのは、
地震で止まってしまったエレベーター
痛みに耐えながら8階まで階段を登るのも、
天罰だったのでしょうか。
こうして一年のうち最も楽しみにしていた3つの行事を、
怪我のためにキャンセルすることになりました。

怪我の前に「舞を教わりたい」という話題をしていました。
結果、
怪我をして3週間あまりで舞の稽古を始めることになりました。
「くの字」に曲がってしまった背骨は、
特に女性はどんどん姿勢を壊していきます。
舞の稽古は体幹を鍛え姿勢を美しく保つ稽古でもあるので、
私にはうってつけのリハビリになってしまいました。
最高峰の師匠に稽古をつけていただくことになり、
巡り合わせにも驚いています。

150430higashiyoshino-3.JPG
2015.04.30 東吉野村


今年春には、
人気のない道で初対面の方からお借りした自転車をパンクさせてしまうという
アクシデントにも見舞われました。
地元の方が通りかかって私を救って下さらなかったら、
ニホンオオカミ最後の地で心細い思いをしていました。
しかも後で知ったのですが、
私が自転車をパンクさせたのは持ち主さんの自宅から
川を挟んだ対岸だったのでした。
奈良の山奥に鎮座する神社にお参りしたくて起こした行動が招いた
出来事でした。

今年の初詣、
例年「身上安全」のご祈祷をお願いしてお札を頂戴しています。
そして背骨を骨折したのは、
そのご祈祷をお願いしたお寺にお参りして10分ほど歩いた場所でした。
さて、これはどのような思し召しだったのだろうか。
神仏へのお参りも、
来年は心を正してお伺いしないといけないな・・・と感じました。

この一年、いろいろなことがありました。
新しい年が、素晴らしい年でありますように。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

記憶の整理整頓 王寺町の雪丸 [興味津々]

2009fuji.JPG
2009年冬 羽田―伊丹航空路からの富士
アイスクリームのような富士の写真を以前捜して見つからず、
今回ひょっこり見つかりました


11月末に、
石清水八幡宮の聖徳太子像と再会しました。
なかなかお会いすることの出来ない、
2体の太子像です。

最初にお会いしたのはいつだったっけ?・・・・・
全く記憶が蘇ってきません。
太子像の1体は滋賀県琵琶湖畔までセッセと出掛けたのですが、
いつ誰と出かけたのか、
その時他にどこへ出掛けたのか、
全く記憶がないのです。

昨日知人から、
以前私が撮影した写真を譲って欲しいとの知らせが入りました。
え・・・・ (ーー;)
いつ出掛けたか、
全く記憶が蘇ってきません。

せめてこれから、
いつどこへ出掛けたのか
記録を作って行きたいものですね。
貴重な写真が埋もれているかもしれません。

2011yukimaru.JPG
2011年夏 王寺町商工会議所にて

2011yukimaru-2.JPG
2011年夏 王寺町達磨寺にて
雪丸像は、かつての安置場所から移動しています
かつての場所にあった写真も、我が家のどこかにあるはず・・・・・


奈良県王寺町のイメージキャラクター・雪丸。
キャラクターが出来たと聞いて、
商工会議所へ出掛けた経験がありました。
初代雪丸の写真が出てきました。
当時はまだ、
どのようなグッズを作っていくか模索中でした。
今の人気につながって、
喜ばしいかぎりです。
2011年の夏のことでした。

さて、
記憶を片付ける作業を始めたいですわ・・・・
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 興味津々 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。