So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.12.03 法隆寺の影 [法隆寺]

161203horyuji-1.JPG

ここのところ、真冬の旅が大好きになりました。
冬晴れのカラリとした青空、
キン・・・と引き締まった空気・風が心地良いのです。
何より観光シーズンから外れて、
観光客が少ないこと。
私は本当に人混みがニガテになってしまいました。
年齢を重ねていくごとに、
すれ違う見知らぬ人の念まで感じてしまうようになってきたのです。
そして、それがとても汚らわしいものに感じてしまう・・・
だから、
逃げるようにこの季節を選ぶようになったとも思えます。

161203horyuji-4JPG.jpg

冬の朝の法隆寺
時間に余裕を持って巡れば、
そんな静かな時間を過すことが出来ます。
冬至に近いこの時期であれば、
長く尾を引く飛鳥建築の影の美を楽しむことが出来ます。
参拝客の誰も、
そんな楽しみ方はなさらないでしょうね・・・・・

五重塔や金堂は屋根が幾重にも重なっているので、
ギザギザの影が広い西院伽藍にコントラストを与えます。
金堂の風鐸が美しく影を落としているので、
思わず拾い上げたくなってしまいます。

161203horyuji-2.JPG

講堂の影の先には不断桜。
この季節がいちばん花を付けるのですが、
この桜は花が少ないようです。

161202horyuji-3.JPG

飛鳥建築独特の連子窓からは、
名残の紅葉が鮮やかに語りかけてきます。

161203horyuji-5.JPG

『旗尾・分川』の碑を携えた水甁形の手水、
覆い屋の影が面白い形になっていました。
観光客が列をなすシーズンであれば、
ここは踏み荒らされているだけの場所です。

数年前であれば「知ること」が楽しくて、
東京でも様々な講演会やシンポジウムに出掛けていました。
その甲斐もあってか、
奈良まほろばソムリエ検定のソムリエも取得できました。
でも最近では、
「感じること」の楽しさを求めるようになりました。
観光客が踏み荒らして通り抜ける影たち、
そんなところに面白さを発見するようになりました。
私の心の中で、
何かが終焉を迎えたような気配です。

「法隆寺の影」といっても、「暗い影」の話題ではありませんでした。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2016.07.26~28 法隆寺夏季大学 [法隆寺]

160726kakidai-1.JPG
2016.07.26 法隆寺夏季大学 恒例・写真撮影


今年も、
法隆寺夏季大学開催の夏がやってきました。
私も参加回数を重ね、
気づいたら古参の種分けに入ってしまいました。

160726kakidai-2JPG.jpg
こちらも恒例 放水ドレンジャー訓練


かつては参加700名を数え、
4日目にはバス10台を連ねてツアーを開催した法隆寺夏季大学。
ここのところの出席は500名前後で、
バスツアーも行われなくなりました。
今年は600名ほどの参加があり、
その三分の一は今回が初回参加であったとのこと。
今年に入って、
焼損して収蔵庫に保存されている金堂の壁画に
注目が集まるようになりました。
初回参加の方々も、
そんな情報を得られたのでしょうか。

160726kakidai-4.JPG
上御堂より、東を望む


私はと言えば、
ここでいつも再会する古い友人たちと語らいながらの伽藍拝観。
今年はポケモンGOの話題も交えたりしていると、
某テレビ局のインタビューがやってきたりもします。
お寺に知れたら、お出入り禁止になっちゃいますね。(笑)

160726kakidai-3.JPG
例年弁天池を埋め尽くす蓮も、今年は見かけません。さみしい・・・


こうして例年過している行事ですが、
これまでとは感覚がだんたんと変化してきました。
5回・10回と、
回を重ねて参加する方もめっきりと減りました。
参加者の年齢層は高くなる一方ながら、
世代交代を感じます。
古くから通っている人たちの姿は、
かなり減ってしまいました。
私もいつまで続くだろうか・・・・

160726kakidai-5.JPG
観光シーズンはごった返す西院伽藍ですが、夕方は静寂


東京では冷房で冷え切ってしまい、
太陽の姿を拝むことさえできない私です。
ここ法隆寺でようやく感じることのできる夏。
この先の過ごし方をぼんやりと考えます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2016.04.30 大型連休の法隆寺 [法隆寺]

160430horyuji-1.JPG
2016.04.30 法隆寺
中門は今修繕中。ある意味珍しい風景です。


GWには例年2泊3日で奈良旅行を組むのですが、
今年は予定していた2泊目の夜に急遽外せない行事が飛び込んできました。
後半3連休も勤務が入っているため、
当初組んでいた2泊を1泊に変更することになりました。

旅行2日目、
前々からいつか伺いたいと思っていた京都のお方とのコンタクトが取れたので、
奈良滞在は午前中まで。
法隆寺友の会の更新のため、
法隆寺へ参拝。

JR法隆寺駅からのバスは、
土日祝日は10分間隔で往復しています。
平日は20分間隔。
日本最初の世界遺産ながら、
交通の便はイマイチ不便。
奈良観光はツアーのバス移動かマイカーで訪れる観光客が多いので、
ほとんどが門前駐車場とお寺の境内で終ってしまうようです。
近年法隆寺周辺の街並みにも、
おしゃれなカフェやお店が増えました。
「法隆寺へ」という観光から、
「法隆寺界隈へ」という流れへ変化していくと良いのですが。

160430horyuji-2.JPG

連休中で救世観音様の御開扉もありながら、
朝9時はまだ観光客もまばらです。
私は夢殿の救世観音様の御前で、
時間を忘れて佇んでいました。
これが2時間もあとともなると、
例年30分待ちの行列ができてしまいます。
日本人はなんと行列が好きな民族なのだろう・・・・
それとも観光が下手なのだろうか。
「観光」というと日本全国・世界各国片っ端から出掛けるものという
解釈が本流のように感じます。
私のように気に入った場所へ四季折々の佇まいを求めて何度も出掛けるのは、
アウトローなのでしょうか。

160430horyuhu-3.JPG
中宮寺の藤棚
例年山吹が美しいのですが、今年は少し季節がずれました。


法隆寺大宝蔵殿では、
春の秘宝展が開催されています。
ここは共通拝観券とは別料金になるため、
殆どの観光客が引き返していきます。
私はここをゆっくり巡るのが大好きです。
大宝蔵殿の北には、
金堂焼損壁画を納めた収蔵庫が人知れず息を潜めています。
いずれここにも、巨大な欲の波が訪れることでしょう。

いつの間にか、
京都へ移動するためのタイムリミットが来てしまいました。
西院伽藍へは、
夏にお参りすることにしましょう。
今年も猛烈に暑くなりそうですが。(^_^;)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2015.11.30 晩秋の斑鳩にて [法隆寺]

151130horyuji.JPG
2015.11.30 晩秋の法隆寺


この日、
法隆寺にご用があったので、
橿原神宮参拝の後に出掛けることにしました。
近鉄橿原神宮前から筒井駅で下車してバスに乗り換えるだけなのですが、
とてもタイミングが悪く待ち時間だらけ。
公共交通機関で動くには、
かなり不便です。
個人で公共交通機関を利用して巡る観光客は、
アクセスの効率と情報の乏しさに課題を感じると思います。

法隆寺は1400年そこに立ち続けていますが、
私が知る限りでも小さな様変わりはありました。
樹木たちの世代交代です。
若い桜や紅葉が植樹されました。
西院伽藍で威容を誇っていた松、
今は跡形もありません。
そしてまた、秋が巡って来ました。
膨大な魅力を持つ奈良を訪れるのにテーマは必要と思い、
私は法隆寺をメインに定めました。
そうして何度も訪れた飛鳥の伽藍、
私の心にも様々な変化がありました。
そんなことを思いながら、
タイムリミットで仏様がたへのご挨拶はできずに引き上げます。

151130nishisato-1.JPG

法隆寺の西に寄り添う里には、
未盗掘と思われる古墳が静かに佇んでいます。
個人のお宅の敷地内のためこれまで調査も行われませんでしたが、
いよいよ開始されることになるようです。
どんな発見があるか、
楽しみのような残念なような・・・・・

151130nishisato-2.JPG

古墳の麓には、小さなお社が祀られています。
私には、不思議なご縁のあるお社です。
調査の影響を受けはしないだろうか、
とても気になります。
穏やかな里は、
近々大きな興味の的に晒されることになりそうな気配。
お社の神様・里の皆様が、
安らかにお過ごし頂けますように。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

法隆寺金堂壁画 [法隆寺]

110726kakidai-2.jpg
2011.07.26 法隆寺金堂を火災から守る放水ドレンジャー訓練

先日法隆寺では、
昭和24年に火災に遭った金堂壁画の調査を行うとの発表がありました。
一般的には火災で黒く焦げた壁画が保存されていることは、
あまり知られていません。
今後は公開を視野に入れて、壁画の現状などを調査していくようです。

昨日東京では、
私のお手伝いする小さなサークルで催している講演会が開催されました。
はからずしもタイムリーな話題で、演題は「法隆寺金堂壁画の歴史」。
しかも講師の視点が斬新で、
大正時代にすでに壁画の保存をどのように行うか議論されていたことから入りました。
その当時の判断は写真撮影や模写を行って壁画は現状保存、
昭和・戦中に至って悲劇は起きたのでした。
もう私たちは、
創建当初の姿の壁画に会うことはできません。

私は、
炎をかぶってしまった壁画を毎年この目で見守ってきました。
法隆寺は一年に半日だけ、
申込者を対象に焼損壁画を公開しています。
当時最新の保存技術を駆使したと言われている焼損壁画、
それでも今年に至るまでに様子が変わってきました。
私が初めて壁画に出逢った時、
鼻をつく火災現場の臭いに驚きました。
壁画と一緒に保存されている焼け焦げた柱たち、
その時はまだ火災の惨状を視覚と共に嗅覚でも伝えてきたのです。
今は、
保存に使用した樹脂の化学薬品系の臭いしかありません。
壁画に描かれた仏たちも、
ゆっくりゆっくり姿を消しています。
以前は見えていたと記憶している線も、
かなり見えなくなりました。

これからの調査によって、
どのような判断が下されるでしょうか。
それはまた、法隆寺の歴史の一節に加えられて、
何年も先の私たちの子孫がどこかで耳にすることになるのでしょう。
「あの時代の技術は未熟だった」とか、
「あの時代の人たちは誤った選択をした」とか語られるのでしょうか。

昨日の講演会を聴きながら、そんなことを考えていました。

新聞社の後援で事業は進められるようですが、
法隆寺ならではの時の流れを
踏み壊すことなく進めていただきたいものです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

2015.10.10 斑鳩天満宮祭礼 [法隆寺]

151010karuga-3.JPG
2015.10.10 国宝・南大門をくぐり抜けた布団太鼓が飛鳥の伽藍に向けて行進


ここ数年、
法隆寺境内で繰り広げられる斑鳩天満宮祭礼を拝見しに
奈良を訪れています。

151010ikaruga-1.JPG
神社の神輿も、静かに南大門を通過しました


斑鳩天満宮は、
法隆寺を取り囲む五つの里がお守りする
お寺の北・天満池のほとりに鎮座するお社です。
祭礼の御旅所は法隆寺の伽藍内に設えられ、
里が繰り出す布団太鼓が
参道を練り歩きます。

151010ikaruga-2.JPG

宵宮の午後、
五つの里は順番に法隆寺の境内に入ってきました。
入るといっても、
門をくぐらなければいけません。
門は、室町時代の国宝・南大門。
お寺の執事長も見守られる中、
通過の順番が訪れた布団太鼓に緊張が走ります。
門を傷つけることはできません。
それでも太鼓台は大変重く、
背丈の低い門を低い姿勢から通過させなくてはいけないのです。

五つの里は懸命に、
力を一つに束ねて門をくぐり抜けました。
門の内側で通過を待つ私たちも息を呑んで見守り、
無事通過のたびに拍手を送ります。
通過できた里は布団太鼓を掛け声勇ましく高々と掲げ、
飛鳥の伽藍へ向けて前進していきます。

151010ikaruga-4JPG.jpg
日が西へ傾く頃、東西の参道を勇ましい掛け声と共に練り歩く布団太鼓たち


普段は修学旅行生だけが賑やかな法隆寺ですが、
この二日間は地元の方々の親しそうな会話で盛り上がります。
いつもとは全く違った法隆寺の表情が見受けられる秋の日、
法起寺の秋桜鑑賞と共に訪れてみてはいかがでしょうか?
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2015.10.10 実りの秋・法起寺 [法隆寺]

151010houkiji-2.JPG

ここ数年、
体育の日を含む三連休に
斑鳩へ出掛けるようになりました。

21世紀になっても、日本で初めて世界遺産になっても、
法隆寺はまるで変わっていないように感じます。
歴史の重さを感じます。

そして、斑鳩の里を散策。
法起寺まで足を伸ばすことにしています。
だいぶ以前から、
法起寺を取り巻く耕作地には
この時期秋桜が植えられていました。
淡いピンクの愛らしい花々が、
飛鳥の塔を囲むように風に揺れています。

151010houkiji-1JPG.jpg

その中で今年、
私は稲穂の実る田んぼが多いように感じました。
例年秋桜が咲き誇っていた土地も、
稲穂がなびいているように感じます。

それは、とても良いこと。
奈良は、「観光地」でしょうか。
住処とする人々もおり、
その営みとは
本来田畑を耕して豊かな作物を実らせることではないでしょうか。
観光は、
決して安定した収入ではありません。
観光客の興味は、
いとも簡単に観光地を見放してしまうと思うのです。
奈良の耕作地に豊かな実りがもたらされることが、
最も良いことと思うのです。

151010houkiji-3.JPG

色とりどりの秋桜と、
黄金色の稲穂の波。
その中にほんのちょっとだけ、
観光客の私は立ち寄らせていただきました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2015.10.10 Cafe ZADAN [法隆寺]

151010zadan-3.JPG
2015.10.10 カフェZADAN 店内


10月の連休は、
毎年縁あって奈良へ出掛けることになっています。
今年も、早くから予定を入れていました。

京都在住の友人を呼び出して、
まずは斑鳩でランチ。
以前から聞いていた、
カフェ・ZADANに伺いました。

バスの接続がうまくいかなかったので、
駅からタクシーに乗り込み
法隆寺東院伽藍へお願いします。」と頼むと、
タクシーの運転手さんは、「?」。
『東院伽藍』ではわかりませんかね・・・・・
地元なら、観光で生計を立てるなら、
これくらい知っておきましょう、『夢殿』のことですよ。
以前京都でタクシーの運転手さんと話したことがあるのですが、
観光客の中には地元以上に詳しい人がいて苦労するのだそうな。
それでも関東では、
コアな観光情報番組が放送されていたりします。
観光業界も、敏感に情報更新を行うことは必要ですよ。

151010zadan-1.JPG

さて、カフェZADANさん。
法隆寺前の老舗旅館・大黒屋のお隣に、今年開店しました。
かつては私も法隆寺夏季大学に通う時、
大黒屋さんに宿泊していました。
日本最初の世界文化遺産でありながら、
法隆寺周辺の宿泊施設と言ったら・・・・・今では皆無と言えるでしょう。

151010zadan-2.JPG

靴を脱いで上がる店内は、
本当にくつろぎに来たという気分です。
私たちは窓辺の席に着き、
法隆寺東院伽藍の『不明門(開かずの門)』を眺めながらランチを取りました。
『不明門』をご存じの方も、少ないかな?
推古天皇の扁額が掲げられていたため、
一度も開門されたことがないという伝説の門です。

法隆寺界隈は世界文化遺産ながら、
ほんのちょっと観光シーズンや修学旅行と時間を避ければ
穏やかに静かに巡れる地域です。
ZADANさんの前の道路も、
通りかかる観光客の姿は殆どありません。

151010zadan-4.JPG

ランチメニューは、
期間限定の豆腐ハンバーグをチョイス。
華美過ぎず盛り過ぎず調味料使い過ぎず、
お腹にも心にも優しいお食事です。
『竜田揚げ』を町おこしに掲げている斑鳩、
次は竜田揚げランチが楽しみです。

151010zadan-5.JPG

アフターのコーヒーは、自家焙煎。
お店の中には、芳しいコーヒーの香りが漂います。
折しも秋のお祭りが始まった斑鳩、
地元の人々が集まってきているようです。
私たちは、
秋の昼下がりをゆっくりとくつろがせていただきました。

この日は、
融通念仏宗の巡り念仏も行われていました。
家々に立ち寄るお寺の衆が叩く鐘の音も、
心地良く響いてきます。

なんと贅沢な時を過しているのでしょう。
奈良の休日が始まりました。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

2015.07.27 平宗法隆寺店の『柿氷』 [法隆寺]

150727hiraso.JPG

法隆寺夏季大学
伽藍拝観終了後は暑さでヘトヘトになるので、
毎年夕方に参道の商店で冷たい物をいただいています。
人数は、毎年6人前後。
私以外の知り合いたちは皆、
かき氷を注文します。
私はいつもひとり、ソフトクリーム。
かき氷で頭がキ・・・・・ンと痛くなるのが大嫌いなのです。

今年夏季大学に参加する前に、
奈良ではかき氷で観光誘致を行っているような情報を得ました。
そして法隆寺門前に数年前から店を構えている
平宗・法隆寺店でも注目のかき氷があると。
平宗は、
奈良に通い始めたむか~しから柿の葉寿司でお世話になりました。
猿沢池近くのお店が風情あったのですが、
ここしばらく近くを通っていないので今はどんな様子でしょうか。

伽藍拝観が終了した26日の夕刻、
平宗・法隆寺店まで足を伸ばしました。
え・・・・・(ーー;)
店の中には順番待ちの客がたくさん。
法隆寺界隈で順番待ちができているなんて、
驚きました。
皆さんかき氷をお召し上がりになって、
法隆寺には参拝なさったのでしょうか?

私たちは待つ気力もなかったので、
この日は他の店舗で休憩することにして
翌日の講座の後に伺いました。

私は話題の『柿氷』を注文。
トッピングは面白いですが、
柿シロップは粘りが強くて、
氷を崩していくのはちょっとテクニックがいるかも。
シロップは甘味が大変強くて、
氷には酸味が着いているようです。
良くブレンドして口に運べば美味しくいただけますね。
頭が痛くならなかったのは、助かりました。
近年のかき氷は頭痛が来ないことを、
『伊勢赤福氷』で教わりました。

知り合いたちは、
蜂蜜柚檸檬』や『甘酒ジンジャー』を注文していました。
『蜂蜜柚檸檬』は、
かなり酸っぱいです。
『甘酒ジンジャー』は、
甘酒得意ではないので試食しませんでした。(^_^;)
写真撮影するのも、忘れちゃった。

私はもともとかき氷を食べないので、
粗末なレポートとなってしまいました。
夏のかき氷巡り。
奈良では新たな観光プランになれそうですね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2015.07.26 斑鳩でランチ・和CAFE 布穀薗 [法隆寺]

150726fukokuen-1.JPG
2015.07.26 北畠治房邸・母屋


法隆寺夏季大学の期間中、
結構悩むのがランチ。
法隆寺がお弁当屋さんをチャーターして、
事前にお弁当を注文することは可能です。
あまりの暑さにただでさえ食欲を無くしてしまう私たちは、
お弁当を注文するのもウンザリしてしまうのです。

これより前に法隆寺へ参拝した時、
お寺の近くにカフェが開店した話題を耳にしました。
今年はまずこちらへ出掛けてみました。

150726fukokuen-2.JPG

和CAFE 布穀薗 HPはこちら




天誅組の変にも参加した北畠治房邸の敷地に、
落ち着いたたたずまいのお店が。
客席は広いガラス窓に面しており、
かつては結婚式場として利用されていたという建物を愛でながら
ランチをいただきます。

150726fukokuen-3.JPG

150726tatsuta.JPG

まずは斑鳩町が力を入れている竜田揚ランチ。
夏の疲れた胃にも、
食欲が湧くうれしい品揃えです。
一歩外へ出ると息も詰まるような暑さですが、
心ゆくまでゆったりとくつろがせて頂きました。

150727fukokuenJPG.jpg

2日目もやっぱりあこがれて、こちらでランチ。
そうめんに冷しゃぶサラダがついたまほろばランチを注文しました。
初日より体力が落ちた自覚があっても、
美味しくいただくことができました。

調度は木材を生かしたこだわりの使用感。
門も重厚感があり、
長屋門が和の空間を楽しませてくれます。
法隆寺界隈はお寺の参拝以外楽しめる場所がなかったのですが、
ここでの休憩がこれから1つの目的になれそうです。

門前の商店は私が法隆寺に通い始めてから殆ど変化がないのですが、
おしゃれで清潔感ある散歩道になれば
観光客も足を止めるだろうな・・・・と思いました。
中央に伸びる並松の風情は、
そのまま残して欲しいですが。

斑鳩の街が、元気になりますように。


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。