So-net無料ブログ作成
検索選択
探訪・大和路 ブログトップ
前の10件 | -

2016.07.28 南山城の十一面観音 [探訪・大和路]

minamiyamashiro.jpg

今回の旅行で、
参拝したいと願っていた笠置寺を訪れることが叶いました。
ここは古代史上奈良の文化圏でありながら、
現在は京都府に所在しています。
笠置寺で、
一枚のパンフレット出逢いました。

南山城観音霊場

京都府南部・南山城と呼ばれる地域には、
奈良文化圏の北端である寺院が点在しています。
それらのお寺には、
あまり知られていない観音様が地元の方々に守られているとのこと。
真夏の奈良旅行はあまりの暑さに観光も限られてしまうため、
例年どこへ出掛けるかは迷うところです。
今年も最終日は目的を定めていなかったので、
帰宅路の京都へ向かう途中で寄り道をすることにしました。

寿宝寺

160728juhoji.JPG

駅から、真夏の炎天下でもなんとか徒歩で伺える距離です。
お寺の収蔵庫に十一面千手観音様が収められていました。
お近くで静かに対峙させて頂きます。
お寺をお守りされている女性は、
収蔵庫の扉を閉めて下さいました。
ほんのりとした灯りの中、
観音様の瞳が浮かび上がります。
そのまなざしに、心がふわりと軽くなりました。
昔の参詣者たちは、
月の明りに浮かび上がる観音様の瞳に、
静かに手を合わせていたことでしょう。

お寺は女性がお一人で守られているとのこと、
私たちは突然訪ねてしまい手間を取らせてしまいました。
事前にお電話を差し上げればご都合をつけてくださるとのこと、
参拝のさいにはご配慮くだされば幸いと伺いました。

観音寺

160728kannonji.JPG

駅へ戻ってタクシーに乗り込み、
観音寺へ向かいました。
気温の低い日であれば、
この南山城の地を歩いてお寺まで向かいたいところでしたが。

国宝十一面観音様はこの界隈の御像の中では有名なので、
観光バスでの来訪も多いようです。
本堂で、
閉じられていた厨子の扉を開いて頂きました。
厨子から徐々に姿を現した観音様、
肩から胸に掛けての肉付きが豊潤です。
寿宝寺の観音様と比較しても、
お体に丸みと動きを感じます。
乾漆のお肌は優しく光っています。
厨子の近くまで寄らせて頂き、
心ゆくまで対峙させて頂きました。

近年は神社モードの私ですが、
この夏は久しぶりに仏様とのひとときを過させて頂きました。
あれれ?
笠置寺の観音様にはお目に掛からずに帰って来ちゃいました。
またの機会に恵まれますように。(^_^;)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2016.07.27 桔梗咲く円成寺 [探訪・大和路]

160727enjoji-3.JPG
2016.07.27 桔梗咲く参道を、円成寺本堂へ


柳生から奈良市内へ、
地元の方にお送り頂く道すがら、
円成寺は静かに佇んでおられます。
日は西に傾きましたが、
盛夏の日差しはまだまだ元気です。
時間も余裕があるとのことで、
私たちは参拝を決めました。

160727enjoji-1.JPG
円成寺の代表的風景・盛夏の浄土式庭園と楼門


平日の午後、
ここを訪れる目的を持つ観光客は、
本当に少ないと思われます。
観光の代表格である奈良の寺社には
どんなに暑くとも寒くとも客は訪れますが、
オフシーズンに靜かな時を過すお寺や神社も数多く見受けられます。
人嫌いの私にはありがたいのですが、
お守りなさる方々がご苦労なさらぬよう願いたいです。

160727enjoji-2.JPG

160727enjoji-6.JPG
一輪だけひっそりと咲いていた、八重の桔梗 突然変異?


境内では、桔梗が清楚な花をたくさん開いていました。
派手な演出のないこのお寺には、
似合う風景です。
心に涼風が通り抜けるようです。

160727enjoji-4.JPG

室町時代に再建された本堂は、
春日造社殿両庇付寝殿造阿弥陀堂。
一段高い舞台を左右に設えた、
私の大好きな優雅なお堂です。
堂内には極楽浄土からお迎えに見えた阿弥陀様を、
四方の極彩色に彩られた柱が囲んでいます。
柱には音声菩薩が描かれています。
笙を奏でる菩薩の姿、
今にもお堂の中に笙の音が広がりそうです。
以前此処に参拝させて頂いた時は、
12月の寒い日。
菩薩に囲まれた阿弥陀様と一人対峙して、
開け放った障子から入る光に歓喜したものでした。

160727enjoji-5.JPG

国宝の春日堂・白山堂、
安貞2年(1228)、春日社御造営の折、
当時の春日社神主藤原時定卿が旧社殿を拝領し、
円成寺の鎮守社としました。
最も古い春日のお社です。
この時代はたぶん
勅使や藤原一族にしか参拝を許されなかったであろう春日大社、
今は物見遊山の国内・外国観光客でごった返しています。
風の吹かなくなった春日のお山、
神様はどのようにご覧になっていらっしゃるのでしょうか。

若き運慶の作である大日如来坐像、
多宝塔でゆったりと坐しておられます。
私たち参拝者の会話も、
おのずと声を落として周囲の静けさを尊びます。

良いひとときを、ありがとうございました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2016.07.27 芳徳寺 [探訪・大和路]

160727hotoku-1.JPG
2016.07.27 芳徳寺


笠置寺へお連れ頂く道すがら、
笠置と柳生との位置関係の話題になりました。
奈良まほろばソムリエ検定受験のために、
奈良県の地図はかなり頭の中で整理されているつもりでした。
そうか・・・・、
今は京都府である笠置と柳生は近いんだ。
笠置寺への参拝の後、
柳生へ向かうことになりました。

私は地元の方の車で、
これまで2度柳生にご案内いただきました。
今回はこれまでに参拝しなかった、
芳徳寺へ伺います。
お寺の御朱印帳を持参していたので。(o^^o)

神護山芳徳寺
芳徳禅寺とも呼ばれる臨済宗大徳寺派の寺院です。
剣豪柳生一族の菩提寺です。

160727hotoku-2JPG.jpg

私たちはまず、
柳生一族の墓所へ伺いました。
約80基の墓石が並んでいるとのこと。
江戸時代に詳しかったり柳生氏に興味ある方ならどなたのお墓か
お分かりになるのかも知れませんが、
私が気になってしまうのは、
墓石の形状。

160727hotoku-3JPG.jpg
六代 柳生俊平墓


五輪塔や宝篋印塔・亀の甲羅に乗った墓石など、
様々な形状が整然と並んでいます。
歴史の流行を見ているようで、面白いです。

160727hotoku-4.JPG

盛夏の禅寺は、
靜かに佇んでいました。
ここには、
昭和3年に知的障害児の保護育成施設が設立されています。
境内では、
施設利用者と思われる方が黙々と整備作業に勤めておいででした。
私がお寺に伺う前に、
神奈川では障害者を襲う悲惨な事件が発生しました。
私自身仕事で、
たくさんの障害者に接してきました。
お世話する職員も十分に健全でなければ務まらない、
常々そう感じました。
事件の犯人を裁くのは当然として、
高齢者や障害者の施設で働く職員の支援は
もっと充実すべきと思うのです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2016.07.27 笠置寺 [探訪・大和路]

160727kasagi-6.JPG
2016.07.27 笠置寺より、笠置駅方面を展望


法隆寺夏季大学へ通う夏休みの午後、
ご縁あって笠置寺を地元の方にご案内いただくこととなりました。

奈良へ通うようになって、
もう随分な年月を過しております。
大阪京都・兵庫など、
近隣の県に足を伸ばすこともよくありました。
そんな中、
ずっと参拝したいと思いながら叶わなかったのが、
笠置寺です。
私のような公共交通機関利用者には、
なかなかな覚悟が必要でした。

JR加茂行きの列車は、
私には乗り慣れた路線です。
加茂駅より乗り換えて笠置駅へ。
おっと!ICカードは利用できないんですね。
何年前だったでしょうか、
名古屋発奈良行急行『春日』が廃線になるとのことで、
この路線を通過した経験があったことを思い出しました。

笠置駅でお会いした地元の方に、
車で鹿鷲山笠置寺へご案内いただきます。
木津川沿いの駅から道はどんどん山を登り、
寺は忽然と現れました。

160727kasagi-1.JPG

元々今回のご縁は、
春日大社式年造替に伴い
御笠山山頂の本宮神社御社殿が笠置寺へ移された話題から。
これまで何度か御笠山登拝で参拝した御社殿は、
今年6月ここ笠置寺春日神社の御社殿として685年ぶりに
再興されました。
朱塗りも鮮やかに収まられた御社殿前で、
ゆっくりと龍笛を奉納させて頂きます。

160727kasagi-2.JPG
薬師磐

160727kasagi-3.JPG
弥勒磨崖仏


笠置寺は私の想像していたお寺の景色とは全く異なり、
お堂がぽつりぽつりと山に寄り添うように建立されています。
参道というか・・・ただの山道というか、
1人で参拝したらやはり心細かったな・・・と思います。
有名な磨崖仏も、
山道を少し歩いて出逢うことが出来ます。
そこは・・・・
圧倒されるような神々しい磐の姿が林立する一角でした。
磐を崇敬する信仰はこれまでも出逢ってきましたが、
火をくぐってしまったながらもそこに祀られた弥勒仏の姿が
深い深い山中の祈りの場であることを伝えてきます。

160727kasagi-5JPG.jpg

虚空蔵菩薩の姿は、
なんと美しいこと・・・・・
時間を忘れて対峙したい穏やかなまなざしです。
人の営みを拒絶してここで過ごせれば、
そんなひとときに憧れました。

160727kasagi-4.JPG

これまで何度も参列して、
もう観光イベントになってしまったのではないかと思えてしまう
東大寺二月堂修二会。
実忠和尚が弥勒菩薩の世界に入られたという千手窟(せんじゅくつ)は、
ここなのですね。
今の時代から取り残されたようなここ笠置山一帯、
静かな真夏のこの日に出会えて良かったと思います。
虫の減る寒い日に、
修行場を巡ってみたいと思いました。
今回は無理なく歩けるコースのみで良しとします。

160727kasagi-7.JPG

重要文化財の解脱鐘をご説明いただきました。
裾が花びらのように六つに切り込まれている、
唯一の形です。
1196年に東大寺の俊乗坊重源が作り、
笠置寺解脱上人に寄進されたものとのこと。
銘文は鐘の底部に刻まれています。
大晦日にだけ付かれる、
音色がとても気になりました。

春秋は観光客が多く訪れるとのことですが、
蝉の声だけが響く静かな夏の山寺に
安らぎを頂戴しました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2016.03.27 氷室神社の桜 [探訪・大和路]

160327himuro-1.JPG
2016.03.27 夕刻の氷室神社


春日の峰を巡る会は天候を考慮して、
2時間ほど早く下山しました。
街中へ戻る頃は、
日が落ちるにはまだ少しの猶予がありました。
氷室神社の桜に会いに行こう、
同行の面々と氷室神社へ参拝することにしました。

160327himuro-2.JPG

夕刻ながら、
神社の境内を覆うように咲くしだれ桜の下には
雲霞のように人が群がって撮影しています。
私も、
この桜は奈良で最も早く開花する桜と認識しています。
毎年3月21日から始まる法隆寺お会式に参列していた頃、
何度か開花に会うことが出来ました。
奈良に到着してまだ蕾のこの桜にまみえ、
翌日再度出掛けると満開だった経験もあります。

160327himuro-3.JPG

私たちも桜の下でシャッターを切っていると、
拝殿のほうから雅楽の音が聞こえてきました。
これは生演奏?
階段を上がると、
舞人の姿が見えました。

160327himuro-4.JPG

花爛漫の神社で舞楽を愛でる、
思いがけずそんな風景に出逢いました。
演奏についていちいち注文を付けたくなってしまう自分の身の上には、
ちょっと残念にも思ってしまいましたが。(^_^;

氷室神社の桜とは、
もう随分と長いお付き合いになりました。
正面に咲く木は年々樹勢が衰え、
かつての水量豊かな滝を思わせる枝振りはもう見る影を失いました。
やがてその隣で成長している若木が、
見事な枝振りを誇ってくれることでしょう。
その姿に会えることができるだろうか・・・・
桜の季節にこの先の息災を祈りました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

続・近代史としての『日吉館』 [探訪・大和路]

2002hiyoshiJPG.jpg
2002年秋 取り壊しを待つだけの日吉館


私も一時期は、
頻繁に奈良へ通ったものでした。
それが一番の楽しみでしたし。
フィルム時代の写真も膨大なものに。
とりあえず一旦可能なところまで減らそうと、
過去写真の片付けを続けております。

これまで私が奈良へ出掛ける際に市内で利用したお宿、
 日吉館
 元興寺
 奈良学セミナーハウス
 ホテルサンルート奈良
 はり新
 奈良ホテル
 春日ホテル
 ホテルフジタ奈良
 ワシントンホテル奈良
 三井ガーデンホテル奈良(ホテル日航奈良)
あたりでしょうか。

日吉館・元興寺・奈良学セミナーハウス・はり新・奈良ホテルは、
宿泊するにも奈良らしさを感じるお宿でした。
その他にも、
「ああ、奈良に居るんだな・・・・」と実感できるお宿は
いくつもあるのだと思います。
宿坊や奈良町屋の風情あるお宿などが、
宿泊者を出迎えてくれればと思います。
お宿もいくつもが姿を消し、
これに代わってシティホテルやゲストハウスがお目見えしています。
ここにも世代交代を感じます。

151030aidu.JPG
2015年秋 東京早稲田大学会津八一記念博物館
特集展示・日吉館が開催されていました


写真を整理していて、
閉館しながらも建物だけが取り残された日吉館の写真が
何枚も出てきました。
そこに集った若者たちの思いが、
建物から立ち上ってくるようにさえ感じられます。
新しくなるだけで良いのだろうか・・・・
古いものは捨て去れば良いのだろうか・・・
今の奈良の政策に、
そんな疑問を感じます。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

近代史としての『日吉館』 [探訪・大和路]

930321hiyoshi.jpg
1993.03.21 日吉館室内の写真が発掘できました


120312taimatsu-1.JPG
2012.03.12 世に言う「東大寺お水取り」・・・・私たちは「修二会籠たいまつ」と呼びます


先日東京で、
日吉館に集った人や縁の方が語らう機会がありました。

2016年1月23日、
今日は奈良で若草山山焼きが開催される予定です。
西日本の天気は大荒れになる予想、
無事に山が焼けることを祈ります。
私が生まれて初めて奈良に出掛けた日も、山焼きの日。
その時は雨で、
点火しながらも燃え広がることはありませんでした。
私は雨に濡れたことで高熱を出し、
結局翌日は寝込んでいました。

生まれて初めての奈良で宿泊を経験したのが、
日吉館です。
暖房と言えばこたつだけ。
薄い布団の上にこたつを置き、
肩口にはコートを広げて背中使い捨てカイロを置いて暖を取ります。
熱を出した翌日は体調が悪化しそうなので、
宿主の田村キヨノさんに申し訳ないながらも口実を作って退去。
宿泊を元興寺に移して、
厚い布団で療養していたのでした。

当時はまだ知り合っていなかったのですが、
この日偶然日吉館の隣部屋に宿泊していた関東在住の友人。
今回の談話で一緒に語らいました。
もう長い付き合いです。
談話には、
日吉館をこよなく愛した詩人・会津八一の研究者や宿主の親類も同席。
東京で、
奈良の近代史に花を咲かせました。

私たちが奈良に通い始めた頃と今では、
寺社仏閣の長い歴史は変わらないながらも
奈良の観光に対する取り組み方が大きく変貌したと感じられます。
古くから伝わる行事は、
現代のイベントに取って変わったと感じます。
例えば、
十一面観音に国家安泰の祈りを捧げる東大寺修二会は、
「お水取り」と称するおたいまつだけのイベントに取って代わりました。
やはり日吉館で宿泊して勉学を重ねたという学者さんは、
修二会を法会と解釈する人たちを「絶滅危惧種」と呼びます。

私たちが語らう奈良は、
いまや「近代史」となりました。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2015.11.28 旧奈良県物産陳列所 [探訪・大和路]

151128bussan-1.JPG
2015.11.28 旧奈良県物産陳列所


今回の関西旅行三日間、
しっかりとした予定は二日目のみ、
一日目はちょっと効率も悪くなってしまいました。

時間は夕刻に差し掛かりながら、
どこかへ向かおうとすると拝観時間はタイムアウト。
奈良や京都へ旅行すると、
ちょうどそんな時間帯があります。
拝観終了から夕食までの時間をどう過そうか、
ここに観光客の悩みが生じたりします。
すると、
特に奈良に宿泊しなくても移動時間に充てればよいのかな?
奈良の宿泊事情は、
ここにも原因があるのではないかと思います。

春日大社から駅方面へ途方もなく歩いていると、
旧奈良県物産陳列所が公開されていることに気づきました。
おん祭などで参道をウロウロしていると、
視界の端に入ってくるちょっと目立つ建築です。
奈良国立博物館が閉館中なので、
その代用として公開されているようです。
普段どのように公開されているかは知らないのですが、
館内に入った経験もないので立ち寄ることにしました。

151128bussan-5.JPG

奈良まほろばソムリエ検定では、
マークしておくべき建築物です。
明治35年(1902年)竣工
木造、建築面積739.3㎡、桟瓦葺(さんかわらぶき)
国指定重要文化財 昭和58年(1983年)指定
奈良県の特産品の展示即売場として建てられました。
現在は、
奈良国立博物館・仏教美術資料研究センターとして使われています。
設計は、関野貞先生。

151128bussan-2.JPG

外見は、平等院鳳凰堂を意識した両翼式。
平等院では本尊が祀られている中心の建築は、
広い空間に洋風の窓から光が取られています。

151128bussan-4.JPG

白い壁、
そして白い天井にはエキゾチックな文様が描かれています。

151128bussan-3.JPG

翼部にあたる資料庫の天井には、
大きな弧を描く部材が渡っています。

151128bussan-6.JPG

私も奈良関連の講習会に出席したこれまで、
建築の講座もいくつか受講してきました。
それでも明治の近代建築はなかなか馴染めずにおります。
この建築も瓦葺・和風ながら、
部屋を構成するパーツは洋風?中近東風?
私の知識では追うことの出来ない雰囲気です。
ただ、
そこに居ることが心地良いかと言えば
・・・・・う~ん、私にはちょっと。(^_^;)

数えきれずに前を通っていた建物ですが、
今回初めて見学させて頂きました。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

2015.11.30 橿原神宮御本殿特別参拝 [探訪・大和路]

151130kashihara-3.JPG
2015.11.30 橿原神宮特別参拝最終日 回廊より

奈良旅行最終日。
橿原神宮へ参拝することとしました。
御本殿を間近に拝しての特別参拝は、
この日が最終日。
縁があれば伺おうと思ってましたが、
当日になってやはりお参りすることにしました。

奈良へ通うようになって、
もう長くなりました。
その間、
たくさんの地元の方に親しくしていただきました。
奈良まほろばソムリエ検定も、
無事ソムリエランクまで取得することが出来ました。
私にとって奈良は、
特別な場所でした。

そう思っていたのですが・・・・・

今年は、
意識を変える大きな転換がありました。
どんなに大好きでも、
所詮私は少しディープ観光客に過ぎないと感じたのです。
それは私に問題があって、
結局は根付く物が何も無いことに気づいたから。

151130kashihara-1.JPG
申年の大絵馬を掲げる作業をなさっています


橿原神宮は、
御本殿エリアを除いて写真撮影を許可なさっていました。
興味本位の写真撮影しまくりで、
失礼ながら参拝させていただきました。

日本古来の神社や寺院で、
敬虔な信仰心を持ってお役に立てれば本望。
私はどうだったのだろうか・・・・

151130kashihara-2.JPG
回廊

明治23年に創建された橿原神宮は、
明治天皇から下賜された京都御所元内侍所を御本殿とされています。
奈良では比較的新しい神社です。
この度檜皮屋根葺替えのため、
御創建以来初めての一般公開となりました。

151130kashihara-5.JPG
勅使館


また、
初公開となる勅使館はじめ3つの館の秘庭も公開されました。

151130kashihara-4.JPG

私が興味あったのは、
ここで催される久米舞です。
11月23日と2月11日に奉納されるとのこと。

151130kashihara-7.JPG

今年11月23日は、
一日お仕事でした。
来年2月11日拝見に伺おうかしら・・・・
やっぱりお仕事当てられていました。(^_^;)
装束が紹介されているお部屋で、
一人悶絶しておりました。

151130kashihara-6JPG.jpg

今年の紅葉は、
暖かい日が続いたためずっと遅くなったようです。
もう新年もすぐそこ。
奈良の神社仏閣も初詣客で賑わうことでしょう。
しかしできるなら観光ではなく、
人の心に寄り添った神様・仏様の居ます地であって欲しいと
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2015.10.11 橘寺 [探訪・大和路]

151011tachibana-4.JPG
2015.10.11 穏やかな秋の風吹き抜ける橘寺


岡寺の三重塔から下界を眺めると、
その先には橘寺の伽藍が見渡せます。
様々な思い出の溢れる橘寺、
時間や骨折後の体調などを考えてみて
橘寺まで歩いて行くことは辛くないな・・・・・
無理はしないようにして、
ゆったりと橘寺まで歩くことにしました。

151011tachibana-1.JPG

これまで何度も東京から奈良へ出掛けて、
橘寺へも何度も参拝しました。
法隆寺から聖徳太子が通った道・太子道をあるいて、
ここまで来たことも何度もありました。

151011tachibana-3.JPG
百日紅と菩提樹に寄り添われている、飛鳥の奇石・二面石


二面石にまつわるちょっと迷惑な噂話のその後、
驚きましたが・・・・これは蒸し返さないことにしましょう。(^_^;)
身勝手な行動で薬師如来様が盗難に遭いそうになり、
ここ橘寺で犯人が捕らえられた話題は全国ニュースになりました。
200年ぶりに執り行われた法要では、
縁あって私もお手伝いさせていただきました。
このお寺のお役に立てたことは、
奈良に憧れる遠方の観光客の身の上の私にとって
この上ない喜びでした。

151011tachibana-2.JPG

酔芙蓉が艶やかに咲く境内をゆっくり散策しながら、
そんなことを思い巡らせていました。
奈良には、
私の人生を振り返ることが出来る場所
いくつもあるんだな・・・・・と思いました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 探訪・大和路 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。