So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.01.13 修道院のクッキー [諸国探訪]

170113reden.JPG
2017.01.13 レデンプトリスチン修道院


私が鎌倉を訪れたもう一つの目的、
それは修道院でクッキーを購入することです。

どんな縁でここのクッキーを知ったか、
全く記憶がありません。
修道院の小さな門で来訪を告げて、
玄関で購入させて頂いたものでした。
あれから何年経っていたのでしょうか。

レデンプトリスチン修道院

建物は、
私の記憶とは違う新しくて清楚なものに変わっていました。
出迎えて下さったシスターに伺うと、
20年前には建て替えられたのだとおっしゃいました。
私はそんなにご無沙汰していたんだと、驚きました。
そのころ、
赤い小さな石が十字架に仕込まれたペンダントを頂戴しました。
当時はそのような工作をなさった方がおいでだったそうで、
今では手に入れることはできないとのこと。
ああ・・・、一期一会だったのですね。
クッキーの製法は、
当時と全く変わらないそうです。
本当に優しくて、心の落ち着くお菓子です。

私はお寺にもお参りするし、神社にもお参りします。
聖書も所持しており、
かつては毎日寝る前に音読していました。
背骨を骨折したことで、止めてしまいましたが。
シスターに、
「あなたは信仰なさっているのですか?」と尋ねられました。
申し訳ありませんが、宗教とは異なると思います。
人の命の始まりや終わりをずっと積み重ねていると、
信仰は必ず備わっていると感じます。
それは神かもしれないし仏かも知れないしアラーかもしれないし、
キリストかも知れない・・・・
誰かから植え付けられるものか、
それとも自分の心から沸き上がるものか。
人が安らかに過ごせるものであり誰かを破壊するものでもある・・・・
私にとって信仰とは、
誰も傷ついてはならぬ、
そして人よりも遙かに大きな力が存在すると信じること。
それがどのような宗教なのか、
まだ答えを出すことはできません。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017.01.13 おみくじ一喜一憂 [諸国探訪]

170113tsurugaoka-1.JPG
2017.01.14 鶴岡八幡宮


今回の平日休み、
全国的に大荒れと聞きながらも関東は晴天の予報。
武蔵小杉駅の設置によって格段に利便性が良くなっていた鎌倉へ出掛けよう、
ふと思い立ちました。

さて早起きも出来たので出掛けるぞ!
・・・とコートを羽織るとTVから横須賀線人身事故で運転見合わせの臨時ニュース
意志をくじかれる形となりましたが、
方針を変更して小田急線藤沢から江ノ電で鎌倉に入ることにしました。

今回鎌倉へ出掛ける目的の一つは、
鶴岡八幡宮でおみくじを引くこと。
昨年末、
出雲大社でおみくじを引きました。
神社で結び付けるときによく読もうと思っていたのですが、
いざ結び付けようと捜すと見当たらない・・・・
結局、どうしたことか見つかりませんでした。
どんな内容であったかは、
まったく覚えられていません。
そんな時、
鶴岡八幡宮でおみくじを引いたことを思い出しました。
学生の頃引いたおみくじには、
「国語の成績が落ちる」と。
仰せの通り、大きく成績を落としました。
数年後に引くと交際運には、
「悪いのはあなたです」と書かれていました。
なんだか納得できてしまいます。
元旦に地元の神社で引いたおみくじは今年あまり芳しくない内容、
ま、内容に関わらず鶴岡八幡宮に伺いたくなっていました。

鶴岡八幡宮は、賑わっていました。
あ・・・、そうか、まだお正月なんだ。
私の意識の中には、
すでにお正月は過ぎ去っていました。
迎えたという感覚も、薄れていました。
引いたおみくじは、予想通り過激な内容でした。
「自分が見えるようになるまで反省せよ」というもの。
確かに、自分を見失っていると思います。
しかし、見えるようになるだろうか。
交際運はさらに過激ながら、うなずけてしまいました。


神社のおみくじは、
業者が作成したものに神社の名称を乗せて授与するケースが多いと聞きました。
近年は、可愛い人形などにセットしているものも多く見かけます。
私が聞いた神社では、
50種類の判断があるということ。
東京の著名なお寺では80番台まであって、
80番台には「凶」が多いようです。
寺社によっては「凶」を抜いたり増やしたり。
鶴岡八幡宮は、
独自のコンセプトでおみくじを制作しているのでしょうか。
基本的に私はおみくじを良く引くほうではないのですが、
年末に出雲で引いたことでちょっと気になってしまいました。

来年以降は元旦に地元で引いて、
ちょっと落ち着いたら鶴岡八幡宮まで伺うことにしようかな・・・なんて考えております。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017.01.01 新年のご挨拶 [ご挨拶]

170101hatsuhinode.JPG
2017年元旦 定点観測競馬場越し初日の出


あけましておめでとうございます。

新しい年が始まりました。
皆様にとって、素晴らしい年でありますように。

私はと言えば、
新しい年に気分を引き締めるごとく、
朗詠・嘉辰を歌いました。
深く息を吸って声を出すのは、
始めに行うこととしてふさわしいように感じました。

昨年の元旦は、
最寄りの神社で初詣の後24時間勤務に入りました。
今年は年末に夜勤を行ったので、
初日の出を拝みながらの初詣を心置きなくさせていただきました。
かつては最も気温の下がるこの時間帯は
参拝者もほとんどおらず静かに手を合わせることが出来たのですが、
ここ数年で人出がグッと増えました。
日の出の時刻にも、
拝殿前では行列に並んで待たなくてはなりません。
東京で年越しをする家族が、増えたのでしょうか。
かつては本当に静まり返っていた街並みも、
あまり新年らしさは感じられません。

170101shishimai.JPG
途中で出逢った、獅子舞の一行 
自宅から徒歩圏で獅子舞の風習があったとは、初めて知りました


一旦帰宅してくつろいでから、
ちょっと遠くまで歩こうと天神様へ伺いました。
途中大変珍しい上円下方墳を抱いた神社が御鎮座されているのですが、
ここは参拝者もポツリポツリと訪れるのみ。
人知れぬ神様に、静けさの中お祈りさせていただきました。

170101shinkei.JPG
酉年にあたり、天神様の神鶏


元旦に天神様へお参りするのは、初めて。
受験間近い学問の神様には、
続々と参拝客が訪れています。
御焚き上げの炎に、
昨年授かったお札を自ら投げ入れます。
私を見守ってくださったお札が、
炎に包まれていきました。
私はどこの神社やお寺にお参りすべきなのだろうか・・・
灰になっていくお札をじっと見送りました。

170101ume.JPG

梅園では、
すでに花を付けた梅に出逢いました。
これから日・一日と春を待つのですね。
いつしか待つだけではなく、
一日を大切に生きていきたいと思うようになりました。
人は年をとるにつれて、
未来への希望より過去の思い出が増えていきます。
辛い・悲しい思い出はできるだけ作らないように、
それがこの先の望みとなります。

今年もよろしくお願い申し上げます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。