So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.01.01 新年のご挨拶 [ご挨拶]

170101hatsuhinode.JPG
2017年元旦 定点観測競馬場越し初日の出


あけましておめでとうございます。

新しい年が始まりました。
皆様にとって、素晴らしい年でありますように。

私はと言えば、
新しい年に気分を引き締めるごとく、
朗詠・嘉辰を歌いました。
深く息を吸って声を出すのは、
始めに行うこととしてふさわしいように感じました。

昨年の元旦は、
最寄りの神社で初詣の後24時間勤務に入りました。
今年は年末に夜勤を行ったので、
初日の出を拝みながらの初詣を心置きなくさせていただきました。
かつては最も気温の下がるこの時間帯は
参拝者もほとんどおらず静かに手を合わせることが出来たのですが、
ここ数年で人出がグッと増えました。
日の出の時刻にも、
拝殿前では行列に並んで待たなくてはなりません。
東京で年越しをする家族が、増えたのでしょうか。
かつては本当に静まり返っていた街並みも、
あまり新年らしさは感じられません。

170101shishimai.JPG
途中で出逢った、獅子舞の一行 
自宅から徒歩圏で獅子舞の風習があったとは、初めて知りました


一旦帰宅してくつろいでから、
ちょっと遠くまで歩こうと天神様へ伺いました。
途中大変珍しい上円下方墳を抱いた神社が御鎮座されているのですが、
ここは参拝者もポツリポツリと訪れるのみ。
人知れぬ神様に、静けさの中お祈りさせていただきました。

170101shinkei.JPG
酉年にあたり、天神様の神鶏


元旦に天神様へお参りするのは、初めて。
受験間近い学問の神様には、
続々と参拝客が訪れています。
御焚き上げの炎に、
昨年授かったお札を自ら投げ入れます。
私を見守ってくださったお札が、
炎に包まれていきました。
私はどこの神社やお寺にお参りすべきなのだろうか・・・
灰になっていくお札をじっと見送りました。

170101ume.JPG

梅園では、
すでに花を付けた梅に出逢いました。
これから日・一日と春を待つのですね。
いつしか待つだけではなく、
一日を大切に生きていきたいと思うようになりました。
人は年をとるにつれて、
未来への希望より過去の思い出が増えていきます。
辛い・悲しい思い出はできるだけ作らないように、
それがこの先の望みとなります。

今年もよろしくお願い申し上げます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。