So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.09.26~27 戸隠神社・中社 [諸国探訪]

190927chusha-5.JPG
2016.09.27 戸隠神社・中社


初めて参拝する戸隠神社、
今回は宿坊に宿泊してゆったりとスケジュールを組みました。
それでも御朱印頂戴のため、
奥社への参拝時間が多少遅めにならざるを得なかったのが、
ほんの少し残念です。

160926chusha-2JPG.jpg
この階段を三往復しました


宿坊は、中社の近く。
そこで、
中社へは初日夕刻・翌日早朝・昼間と三度参拝することにしました。
ご祭神は、天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)
素戔嗚尊の度重なる非行に天照大神が天岩戸にお隠れになった時、
岩戸神楽(太々神楽)を創案し、岩戸を開くきっかけを作ったという神様。
学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に御神徳があるとのこと。
岩戸神楽は、私も気になるところ。
どのように拝見できるか、
今回宿坊に宿泊したのもその情報を得るのが目的でした。

160926chusha-5.JPG

160926chusha-3.JPG

初日夕刻、
小雨交じりでほの暗くなった境内に参拝者の姿はありません。
高い杉の木に囲まれた境内、
サラサラと聞こえる水の音に導かれて御社殿の右手に向かうと、
スゥ・・・ッと空気が冷たく軽くなりました。
それほど大きくはありませんが、
水の勢いが力強くもあり穏やかにも感じる滝が流れています。
居心地の良い場所です。
宿の夕餉までそこに居ることを楽しみました。

160927chusha-2.JPG

160927chusha-3.JPG

翌朝、
天の高さが無限にも思えるほどの青空、
奥社にご案内頂く前に朝のお参りに伺いました。
やはりまだどなたもおらず。
三本杉の木の緑の濃さが、
昨日は気づきませんでした。
太陽の光が降り注ぐと、
大地はこんなにも鮮やかなコントラストに染まるのか・・・・
驚きました。

160927chusha-4.JPG

時折流れ来る白い雲は、
まるで龍が天空を踊るようにさえ見えます。
私にとってこんな景色は、
都会のどんな娯楽にも勝る貴重で楽しい経験です。

奥社からバスを利用して中社へ戻り、
遅い朝食を蕎麦店でいただくと、
中社にも多くの参拝客が訪れていました。
それでもきっと数としてはまばらな方でしょう、
紅葉や新蕎麦の季節にはどんな喧噪になるのでしょうか。
神様も、
岩戸に隠れてしまわれるのではないかと思ってしまいます。
ネットで戸隠神社を検索すると、
かなりな確率で「パワースポット」という言葉が付いてきます。
たとえ「気」に満ちた空間でも、
それを感じ取るのは各自の感性ではないでしょうか。
人に教えられて「ここがパワースポット」だと信じ込むのは、
いかがなものかと思ってしまいます。
確かにパワースポットかもしれませんが、
神社の傍らに開けた自動車道路がそのパワーを遮断しているように思うのは、
私だけでしょうか。

二日間に亘って参拝した戸隠五社、
雨模様と晴天の二つの対照的な表情を拝見しました。
慈しみに満ちた旅でした。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。