So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.07.28 南山城の十一面観音 [探訪・大和路]

minamiyamashiro.jpg

今回の旅行で、
参拝したいと願っていた笠置寺を訪れることが叶いました。
ここは古代史上奈良の文化圏でありながら、
現在は京都府に所在しています。
笠置寺で、
一枚のパンフレット出逢いました。

南山城観音霊場

京都府南部・南山城と呼ばれる地域には、
奈良文化圏の北端である寺院が点在しています。
それらのお寺には、
あまり知られていない観音様が地元の方々に守られているとのこと。
真夏の奈良旅行はあまりの暑さに観光も限られてしまうため、
例年どこへ出掛けるかは迷うところです。
今年も最終日は目的を定めていなかったので、
帰宅路の京都へ向かう途中で寄り道をすることにしました。

寿宝寺

160728juhoji.JPG

駅から、真夏の炎天下でもなんとか徒歩で伺える距離です。
お寺の収蔵庫に十一面千手観音様が収められていました。
お近くで静かに対峙させて頂きます。
お寺をお守りされている女性は、
収蔵庫の扉を閉めて下さいました。
ほんのりとした灯りの中、
観音様の瞳が浮かび上がります。
そのまなざしに、心がふわりと軽くなりました。
昔の参詣者たちは、
月の明りに浮かび上がる観音様の瞳に、
静かに手を合わせていたことでしょう。

お寺は女性がお一人で守られているとのこと、
私たちは突然訪ねてしまい手間を取らせてしまいました。
事前にお電話を差し上げればご都合をつけてくださるとのこと、
参拝のさいにはご配慮くだされば幸いと伺いました。

観音寺

160728kannonji.JPG

駅へ戻ってタクシーに乗り込み、
観音寺へ向かいました。
気温の低い日であれば、
この南山城の地を歩いてお寺まで向かいたいところでしたが。

国宝十一面観音様はこの界隈の御像の中では有名なので、
観光バスでの来訪も多いようです。
本堂で、
閉じられていた厨子の扉を開いて頂きました。
厨子から徐々に姿を現した観音様、
肩から胸に掛けての肉付きが豊潤です。
寿宝寺の観音様と比較しても、
お体に丸みと動きを感じます。
乾漆のお肌は優しく光っています。
厨子の近くまで寄らせて頂き、
心ゆくまで対峙させて頂きました。

近年は神社モードの私ですが、
この夏は久しぶりに仏様とのひとときを過させて頂きました。
あれれ?
笠置寺の観音様にはお目に掛からずに帰って来ちゃいました。
またの機会に恵まれますように。(^_^;)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。