So-net無料ブログ作成
検索選択

2015.11.30 晩秋の斑鳩にて [法隆寺]

151130horyuji.JPG
2015.11.30 晩秋の法隆寺


この日、
法隆寺にご用があったので、
橿原神宮参拝の後に出掛けることにしました。
近鉄橿原神宮前から筒井駅で下車してバスに乗り換えるだけなのですが、
とてもタイミングが悪く待ち時間だらけ。
公共交通機関で動くには、
かなり不便です。
個人で公共交通機関を利用して巡る観光客は、
アクセスの効率と情報の乏しさに課題を感じると思います。

法隆寺は1400年そこに立ち続けていますが、
私が知る限りでも小さな様変わりはありました。
樹木たちの世代交代です。
若い桜や紅葉が植樹されました。
西院伽藍で威容を誇っていた松、
今は跡形もありません。
そしてまた、秋が巡って来ました。
膨大な魅力を持つ奈良を訪れるのにテーマは必要と思い、
私は法隆寺をメインに定めました。
そうして何度も訪れた飛鳥の伽藍、
私の心にも様々な変化がありました。
そんなことを思いながら、
タイムリミットで仏様がたへのご挨拶はできずに引き上げます。

151130nishisato-1.JPG

法隆寺の西に寄り添う里には、
未盗掘と思われる古墳が静かに佇んでいます。
個人のお宅の敷地内のためこれまで調査も行われませんでしたが、
いよいよ開始されることになるようです。
どんな発見があるか、
楽しみのような残念なような・・・・・

151130nishisato-2.JPG

古墳の麓には、小さなお社が祀られています。
私には、不思議なご縁のあるお社です。
調査の影響を受けはしないだろうか、
とても気になります。
穏やかな里は、
近々大きな興味の的に晒されることになりそうな気配。
お社の神様・里の皆様が、
安らかにお過ごし頂けますように。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

西里青年会

ご無沙汰しております。あい変らずお元気そうで何よりです。
先日、村の中心部にある会館横に設置している太鼓台を支える
2本の柱を収納する小屋(小さく長い小屋ですが)を青年会の若者が
中心となって修理いたしました。今後、この小屋の壁に子供たちに
絵をかいてもらおうかと考えている次第です。
素人なりによくできたと感心しています。
by 西里青年会 (2016-03-09 12:42) 

鴨媛

西里青年会さん、
こちらこそご無沙汰しております。
昨年はこの古墳が調査に入るとの報道で気になりましたが、
その後どうなりましたでしょうか?
小さなお社の行く末や
今後の墳丘の景色が変わってしまうのではないかと、
思っております。
太鼓台の柱は本当に太くて逞しく、
こちら江戸とは異なる雄々しさを感じます。
皆様が祭までの充実した時間をお過ごしになるよう、
お祈りいたします。
by 鴨媛 (2016-03-12 09:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。